↑↑↑パキシルを通販で買うならオオサカ堂↑↑↑

 

 

様々な精神系の病気の治療に使われている、パキシルですが、いろいろと事情があってなかなか病院まで通えない方に朗報です。
パキシルは、オオサカ堂というところで、通販できるのです。
しかも、オオサカ堂を利用すれば、普通に病院に通うのよりは安くですみます。
パキシルを扱う通販サイトはたくさんありますが、なかでもパキシルを安くて安心して通販できるのは、オオサカ堂というところです。
オオサカ堂は個人輸入なので、法にふれることもなく、パキシルを通販できます。
業界最大手のオオサカ堂でパキシルを通販で購入してみませんか?

 

パキシルとは

パキシル 通販
パキシルとは、抗うつ剤で、うつ病や、パニック障害、強迫性障害などに用いられるお薬です。

 

パキシルには、副作用に吐き気、食欲不振、口渇、便秘、太る、下痢眠気、不安感、めまい、頭痛、だるさ、ふるえ、性機能異常、性欲低下、体重増加(太ったり)する症状などがあります。

 

パキシルを断薬中、減薬、減量するときはは副作用が出やすいので注意して下さい。

 

また、パキシルを服用する時は、副作用や、飲み合わせなど注意点も色々あります。

 

例えば、パキシルを自己判断で減薬や断薬したりアルコール(お酒)と一緒に飲んだりしてはいけないなどがあります。

 

パキシル薬を服用している妊娠予定のある方は注意して下さい。

 

このサイトでは、パキシル錠や、うつ病の薬、うつ病などについて取り上げていきたいと思います。

 

パキシル服用方法

パキシル 通販

パキシルの用量、用法は症状によって違います。

 

また、パキシルは服用量は症状などにより個人差が大きいです。

 

一般的には、少量から開始し、効果のでる量まで少しづつ増量していきます。

 

とくに、パキシルは肝臓や腎臓の悪い人、高齢の人は慎重に増量していきます。

 

飲み始めの吐き気は、たいてい2週間くらいで軽くなってきます。

 

■パキシルの適応

 

パニック障害、うつ病、うつ状態、強迫性傷害

 

こちらは主な服用法です。

 

■パキシルの用法

 

うつ病・うつ状態の場合

 

通常、成人は1日1回夕食後、パロキセチンとして20〜40mgを経口服用する。

 

服用は1回10〜20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。

 

なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減する。

 

パニック傷害の場合

 

通常、成人は1日1回夕食後、パロキセチンとして30mgを経口服用する。

 

服用は1回10mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。

 

なお、症状により1日30mgを超えない範囲で適宜増減する。

 

服用時は、必ずアルコールと一緒に飲まないで下さい。

 

必ず、医師の指示に従ってください。

 

効果と副作用を考慮しながら、少量ずつ増量する場合があります。

 

効果の出る量には個人差があります。

 

また、効果が現れるのに通常2週間前後かかりますので飲んでも

 

効かないと思わないでしばらく様子を見て下さい。

 

パキシル錠の効果、効能(効き目)

パキシル 通販

■英名  PAXIL Tablets 10mg 20mg

 

■一般名 paroxetine hydrochloride hydrate

 

■剤形  錠剤

 

■色   帯紅白色

 

■系統  抗うつ剤

 

■分類  神経系用剤(含む別用途)

 

■成分  塩酸パロキセチン

 

パキシル錠の効果、効能

 

パキシルは憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。

 

うつ病やうつ状態、またパニック障害、強迫性障害の治療に用います。

 

精神病の症状は、脳内神経伝達物質(ヒスタミン、セロトニン、アドレナリン、ドパミンなど)の脳中枢細胞への取り込みの増加にもとづく神経細胞の機能の亢進や混乱が原因と考えられています。

 

パキシルは、とくにセロトニンの受容体を特異的、選択的に遮断することによってセロトニンの取り込みを阻害して症状が改善できる働きを持っています。

 

特に、不安やいらいら感、やる気がなくなるなどのうつ状態の症状や、食欲がなくなる、眠れないなどの症状に効果的なお薬です。

 

また、パニック障害の症状、突然激しい不安とともに、胸がドキドキしたり、めまいなどが繰り返し起こる状態や発作が起こることへの不安感を改善する効果があります。

 

パキシル服用の注意点

パキシル 通販

抗うつ剤の投与により、18歳未満の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、抗うつ剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮します。

 

という、パキシルを服用する際には以上の注意書きがあるので気をつけて下さい。肝・腎障害、ほかの精神病の既往、緑内障、高齢者での使用には危険を伴いやすく、妊娠中、授乳中の婦人には投与を避けてください。

 

また、用法用量は症状により異なりますので、医師の指示を必ずお守り下さい。

 

ほかに薬を使っている場合は、飲んでいる薬を必ず医師に言って下さい。

 

また、薬でアレルギーが出た事があったり、妊娠または授乳中の場合も医師に必ず言って下さい。

 

パキシルを服用してはいけない方

 

■本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

 

■MAO阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の患者

 

■チオリダジンを投与中の患者

 

■ピモジドを投与中の患者

 

服用時は、アルコールと一緒に飲まないで下さい。

 

パキシルの副作用

パキシル 通販

■重い副作用

 

初期症状がありましたら、医師に必ず伝えましょう。

 

興奮・混乱状態、もうろう状態、取り乱す、幻覚、発汗、

 

体のぴくつき、ふるえ、けいれん、発熱、体の強い硬直、

 

意識がはっきりしない、発汗、高熱、

 

幻覚、せん妄、錯乱、痙攣、幻聴、幻覚、幻視

 

混乱、興奮、発疹、皮膚や白目が黄色くなるなど

 

■軽い副作用

 

吐き気、食欲不振、口渇、便秘、下痢

 

眠気、不安感、めまい、頭痛、だるい、ふるえ

 

性機能異常、性欲低下、発汗、動悸、

 

発疹、発赤、かゆみ、肝・腎障害、

 

副作用は必ず出るということはないです。

 

パキシルが他の抗うつ薬と大きく違うところは、セロトニンにのみ作用することです。

 

従来の薬はうつ病以外にも作用する為、副作用が出る場合が多かったのですが、パキシルは従来に比べ副作用が少なく、服用しやすいお薬です。

 

しかし人それぞれ何の副作用の症状がでるのか分かりません。

 

副作用がでたら医師に伝えて下さい。

 

昨年パキシルを飲んでいました

みみ様
(福岡県・55歳・女性)の投稿です

 

パキシルは日本で2番目の選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)です。主にうつ病の症状に使われるのですが、私の場合、夕方、夕食後に2錠飲むように処方されました。
パキシルは気分にかかわるセロトニンが一旦排出されて、それが再取り込みされてしまうのを阻止する役割をします。
気分が優れなかったり、落ち込んでいたり、憂鬱な気分が続くような症状の時に処方される抗うつ剤の一つです。

 

パキシルはオオサカ堂というところで通販で買いました。
パキシルを通販することによって病院代とかが浮くのでうれしいです。

 

 

パキシルは夜眠れなかったり、集中できなかったり、やる気が出なかったりするときに、そういう心の状態を改善させて、緊張したり不安な気持ちをほぐして、気持ちを楽にする役割を果たします。
セロトニンに働きかけるお薬で、私は飲んでいる間、わりと気分が楽になっていました。
副作用もそれほど感じませんでしたが、頑固な便秘に悩ませられました。1日に1回飲むだけでいいので、飲むのが楽でした。

 

パキシルは脳内のシナプスの間にセロトニンの濃度が高まるので、神経の伝達がよくなり、その結果として、うつ状態が改善されるとされています。セロトニントランスポーターにだけ作用するので、抗うつ剤特有の副作用が少ないことも特徴的とされています。
このような特性から、「選択的セロトニン再取込阻害薬(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors)」SSRI と呼ばれています。
私はこのパキシルを半年ほど飲みましたが、うつ状態には若干作用があったように思いますが、画期的な違いはそれほど感じませんでした。
うつ病だけでなく、パニック障害や強迫性障害にも使えるそうですが、うつ病には緩やかな感じで効いていたと思います。
私の場合は、副作用の便秘が強く出て、便秘薬を一緒に飲まなければならないくらい便秘がひどかったので、他のお薬に変更してもらいましたが、気分的にはわりと快調でした。
効果を感じ始めるまでに2〜3週間かかるそうなので、気長に飲むことが必要で、徐々に増やして行き、やめるときも徐々に減らして行くことが大切です。

 

パキシルとうつ病について

みなさんは、「パキシル」というものをご存知でいらっしゃいますか?
そういう私はどうなのかといいますと、つい最近まで、パキシルという名前を聞いたことも見たこともなく、どんなものなのかまったく知りませんでした。
そんな私がパキシルについて知ることになったきっかけはというと、知り合いがうつ病になったことでした。

 

うつ病といえば、15人に1人はかかる病気と言われていますから、いつ誰がなってもおかしくない病気と言えますよね。ですので、パキシルについて知っておいても損しないと思いますから、知り合いから聞いた話も交えて紹介します。

 

うつ病になった知り合いに聞いたところによると、パキシルというのは抗うつ剤の一種なんだそうです。
私たちの脳内には、セロトニンやノルアドレナリンという神経伝達物質が存在していて、そのセロトニンやノルアドレナリンが感情を安定させたりコントロールしたりしているらしいんですが、これらの神経伝達物質が何らかの原因で不足したり、うまく取り込めなくなったりしたときに、うつ病という病気になるんだそうです。

 

このパキシルというお薬は何をしているのかといいますと、神経伝達物質であるセロトニンが減ってしまうのを防止するというお薬のようなんです。簡単に言うと、パキシルによって不安な気持ちをおさえられてリラックスできるようになるんだそうです。
ちなみにパキシルが処方されるのは、うつ病だけではなくて、電車に乗れなくなってしまうなどの症状を引き起こすパニック障害とか、何度も何度も手を洗わずにはいられなくなる強迫性障害のときなどにも処方されることがあるんだそうです。

 

このようにパキシルは非常に優れたお薬のようなんですが、でもお薬であるが故に、どうしても副作用というものもあるようなんですよね。私の知り合いは幸い今のところ大丈夫のようなんですけれども、食欲不振や便秘、吐き気、頭痛、めまい、性欲減退などの副作用がパキシルにあるそうなんです。
それと、ちょっとビックリしたのは、パキシルをやめるときにもかなり気をつけないといけないということでしょうか。つまり、「もう良くなったからいいや」と勝手にやめてしまうと、症状がさらに悪化して危険な状態になることもあるということらしいんですよ。お薬のことは素人にはわかりませんから、お医者さんと相談して決めたほうがよさそうですよね。